top

TOP|"学校案内"|学習情報|生徒の活動|進路状況|中学生の方|在校生の方"|事務室より

"校長より"/大師高校って?/施設案内/校歌・制服/アクセス/公開情報

大師高校校長室より

 

平成29年4月、大師高校は、単位制普通科高校への一歩を踏み出しました。
昭和58年に現在の場所にて全日制普通科として開校し、昭和61年には、全学
年合わせて36学級となりました。その後、平成8年に総合学科への改編を始
めました。現在県内にある総合学科高校に先駆け、多くの試行錯誤、実践の積
み重ねを経てきました。先人たちの残した足跡を無駄にせず、大師高校は、新
たな単位制普通科高校として、取り組んでまいります。

まず、教育課程については、年次ごとに共通教科科目を中心とした編成を行
いました。授業の改善については、各教科・科目において、より一層の研究を
進め、“生徒がわかる喜びを感じる授業の実現”に向けて学校全体で取り組ん
でいます。こうしたことで、学校生活の基盤である授業が生徒にとって、充実
感がもてるものとなるよう重視しています。

続いて、部活動については、入学当初の体験入部等工夫を図り入部率の向上
をめざしています。生徒自らが思う存分力を発揮し、日々の活動が充実し、試
合等による達成感やチーム力の向上につながっています。

さらに、学校生活が安全で安心感のもてるものであるため、生活指導はもと
より、地域との信頼関係は大変重要です。このため、地域の町内会や自治体、
施設、企業、学校等との連携や協力について、積極的に推進をしていきます。
大師高校の生徒が地域とともに活動し、歩むことができるよう、授業や行事に
おいて、授業はもとより生徒会、部活動等を通じて学校全体で取り組んでまい
ります。

 現在、中学生のみなさんや保護者のみなさん、そして地域のみなさま、ぜひ
“変わる大師高校”にご理解とご協力をいただき、ご期待をお寄せください。
大師高校は、

○ 自ら課題を認識し解決する力を育てながら、自己の新しい可能性を発見し、
社会において他と協調しながら貢献しようとする意欲をもった人材を育成する。

○多様性を認め合い、思いやりのある心を持った豊かな人間性を培う。

の2点を目標として教育活動を実践してまいります。

 

「今がときめく!大師でつかもう、きみの未来 !!

 

                           校長 栗林 利昭




Back to the Top

Copyright©Daishi High School.2006. All rights reserved.

カウンター since 2013/03/07