陶芸

陶芸を通して生活の中の美術という観点を養い、制作を通して造形の楽しさ奥深さを知り、作品を生活の中で活かす姿勢を身に付けます。

陶芸では、練り・造形・素焼き・釉薬がけ・本焼きを通して、焼き物の基本的な工程を学びます。 作成する作品の例をあげると、まず手びねりによるご飯茶椀の作成を行い陶芸の基本技法を学びます。

次に、粘土を板状に成形したランプシェードの制作をします。完成後は温かみのある照明器具として実際に使用が可能です。 仕上げとして電動ロクロを使用して、繊細な器の制作をします。造形の楽しさ、奥深さを知ることのできる授業です。

閉じる


Copyright©Daishi High School.2006. All rights reserved.